双寿会からのお知らせ

五条川花見ラン31km

令和6年4月6日 (土曜日) 曇り時々晴れ

毎年恒例の「五条川花見ラン」

今年は3年ぶりの介護報酬改定にあたり、昨年度末から多忙をきわめストレス・マックス。
そんなわたしにとって、早朝ランニングは体力維持はもとより、メンタル・バランスを保つために欠かせない習慣である。

スクリーンショット 2024-04-06 18.48.25

3時40分起床。4時43分にわが家をスタート。
小牧山経由で合瀬川沿いを南下。小牧市南西端の藤島までの6kmは胸のライトを点けて走った。

藤島の待合橋から「尾北自然歩道」に入り五条川沿いを北上。岩倉市に入る。

待合橋から見た五条川桜並木

待合橋から見た夜明け前の五条川桜並木

ここから石仏までの約3.5kmが五条川桜並木のハイライトだ。
橋の上に立つと、両岸からしな垂れる満開のソメイヨシノがずっと先まで続いている。

岩倉市の桜並木

手入れが行き届いた岩倉市の桜並木

ただ、夜桜鑑賞のためのライトが設置されていたり、屋台が出ていたりするのはいただけない。
といっても、わたしの場合、まだ薄明のことなので問題ない。

江南市に入ると、道幅が狭くなって、桜の花の咲きっぷりがおとなしくなる。
建物の数も少なくなり、まれに行き交うひとは、花見目当てというより、いつもの散歩といったたたずまい。
ちょうど桜越しに朝日が昇って、柔らかい日ざしが静かな朝の情景をもたらしていた。

朝日を浴びる江南市の桜並木

朝日を浴びる江南市の桜並木

岩倉市と同じく、大口町も五条川桜並木の整備に力を入れている。

町の中心地に近い花見スポットでは、河川はまっすぐに伸び、左右対称の護岸と桜並木が続く。
取って付けたような赤い橋が架かり、その手前には屋形船が浮かんでいた。
フランス式庭園を思い出した。
この風景、幾何学的で「きれい」だけど「美しい」とはいわない。

IMG_9243

大口町の幾何学的桜並木

むしろ、一面に広がる菜の花畑のほうが、朝日に照らされ美しかった。

菜の花畠に 入日薄れ
見わたす山の端 霞ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて にほひ淡し

朝なのに「朧月夜」の歌詞が浮かんだ。

IMG_9247

おぼろの朝日に照らされる菜の花畑

対照的に、犬山市の桜の枝ぶりはもっとワイルド。
川のところどころに雑草が生い茂っているので、より自然に近い印象を受ける。
さしずめ英国式庭園だ。

IMG_9251

ワイルドな犬山市羽黒の桜並木

こうして五条川桜並木は、小牧市の藤島から犬山の長者町手前まで、約14kmにわたって続く。
このあと、羽黒・楽田・田縣神社・味岡経由で、いつもの広域緑道に入って小牧駅前まで10km。
トータル31km。

五条川からの帰路。春霞が幻想的

五条川からの帰路。春霞が幻想的。禅の水墨画を思い出す

素足にワラーチ(メキシコのサンダル)ばきでの花見ランは初めてだったが、20km以降、徐々に足底が痛くなってきた。
キロ平均5分32秒はすこし飛ばしすぎと反省。

ワラーチで走ると自然がより身近に

ゴール後、豊寿苑の満開桜の前で

8時前に帰宅すると、風呂とストレッチでじっくり筋肉をほぐす。
ようやく家族は動き出した。

2024.04.06 | マラソン