双寿会からのお知らせ

新型コロナ施設内感染の終息を宣言します

終息宣言

2021年1月18日(月)、新型コロナウイルス施設内感染の終息を宣言します。

皆様にはご迷惑とご心配をおかけしましたが、これからも感染予防対策に十分配慮してまいります。

なお、ご面会については当面の間、お控えいただきます。

よろしくお願い申し上げます。

老人保健施設 豊寿苑
施設長 塚 原 龍 児

2021.01.15 |

新型コロナ〈収束〉報告

昨年12月初旬、職員の新型コロナウイルスの感染をきっかけに、全入所者と職員の計約170人のPCR検査・抗原検査を実施したところ、計10人の入所者に陽性反応が出ました。

このうち、2人は転院できましたが、その他の8人については入院先が決まらず施設内で療養いただくことになりました。

昨日(1月6日)、12月21日に陽性が判明した最後のお1人の入所者について、2度のPCR検査をおこない2度とも陰性になりました。

これをもって、当施設での新型コロナウイルスのクラスターは事実上 〈収束〉 しました。
「完全に終わる」という意味での 〈終息〉 宣言は、来週いっぱいまで様子を見ながら判断します。

感染症対策のための設備も備品も十分でない老人保健施設で、感染症の専門的な指導を受けていない看護師や介護職員たちが、慣れない防護服とフェイスシールドなどで身を固め、陽性者の隔離されているフロアに上がっていく後ろ姿は見送る時はいつも心が痛みました。

保健所や県や市は、防護服などを提供いただくことはあっても、対応については施設に丸投げという状況の中、連日の緊張と超過勤務に身も心もヘトヘトになりながらもがんばり続けたスタッフたちのおかげで、こうして 〈収束〉 を迎えることができましたスタッフの皆さんにはどんなに感謝しても感謝しきれません。ありがとうございました。

令和3年1月7日
GM塚原立志

入所者全員が陰性に
昨年12月初旬、職員の新型コロナウイルスの感染をきっかけに、全入所者と職員の計約170人のPCR検査・抗原検査を実施したところ、計10人の入所者に陽性反応が出ました。
このうち、2人は転院できましたが、その他の8人については入院先が決まらず施設内で療養いただくことになりました。
昨日(1月6日)、12月21日に陽性が判明した最後のお1人の入所者について、2度のPCR検査をおこない2度とも陰性になりました。
これをもって当施設での新型コロナウイルスのクラスターは事実上〈収束〉しました。
「完全に終わる」という意味での〈終息〉宣言は、来週いっぱいまで様子を見ながら判断します。
感染症対策のための設備も備品も十分でない老人保健施設で、感染症の専門的な指導を受けていない看護師や介護職員たちが、慣れない防護服とフェイスシールドなどで身を固め、陽性者の隔離されているフロアに上がっていく後ろ姿は見送る時はいつも心が痛みました。
保健所や県や市は、防護服などを提供いただくことはあっても、対応については施設に丸投げという状況の中、連日の緊張と超過勤務に身も心もヘトヘトになりながらもがんばり続けたスタッフたちのおかげで、今日こうして〈収束〉を迎えることができました。スタッフの皆さんにはどんなに感謝しても感謝しきれません。ありがとうございました。
令和3年1月7日
GM塚原立志

 

追記

菅総理は、1都3県での緊急事態宣言の発令に伴う今日夕方の記者会見において、コロナ患者を受け入れた医療機関への援助を強調していましたが、私たち老健は、トリアージ(命の優先順位)の末端としてコロナ陽性者をほとんど自分たちだけでケアしなければならないにもかかわらず、報酬面ではほとんど報われていません。介護老人保健施設には医師と看護師が常駐するとはいえ、あくまでも療養施設であって、一般の病院のような治療設備も人員配置もないということを噛みしめていただきたいと強く思います。

 

2021.01.07 |

年始の状況とデイケア再開のお知らせ

あけましておめでとうございます。

昨年は12月初旬にスタッフ1人が新型コロナウイルスに感染したのをきっかけに、同月21日までに計10人の入所者の方々に感染が拡がる事態に至り、ご利用者、ご家族、ならびに関係者の皆さま方に対して多大なるご迷惑とご心配をお掛けしましたことを心からお詫び申し上げます。

さて、当施設の感染状況ですが、昨年末のPCR検査の結果、当施設で療養中の6人のうち、4人が陰性、2人が陽性でした。
陽性の2人についても年末年始は比較的状態が安定していました。

このことを受けて、陽性患者を隔離するスペース(レッド・ゾーン)を4階西側奥の一画に限定し、2階のレッド・ゾーンを廃止。2階に立ち入る際の防護服着用の義務化を撤廃しました。

今日、1月4日(月)、年末に陰性結果が出た方々も含めて、再度PCR検査を実施します。結果によっては緊急時体制をさらに緩和することも想定しています。

1月6日(水)からは、通所リハビリ(デイケア)を再開します。感染防止対策を強化し、職員も心を新たにして、皆さまのご利用をお待ち申し上げます。

ST(言語聴覚士)が新しく加わり、お一人お一人の状態に応じた、より充実したリハビリがおこなえるようになりました。生まれ変わった豊寿苑にご期待ください。

令和3年1月4日
GM塚原立志

あけましておめでとうございます。
昨年は12月初旬にスタッフ1人が新型コロナウイルスに感染したのをきっかけに、同月21日までに計10人の入所者の方々に感染が拡がる事態に至り、ご利用者、ご家族、ならびに関係者の皆さま方に対して多大なるご迷惑とご心配をお掛けしましたことを心からお詫び申し上げます。
さて、当施設の感染状況ですが、昨年末のPCR検査の結果、当施設で療養中の6人のうち、4人が陰性、2人が陽性でした。
陽性の2人についても年末年始は比較的状態が安定していました。
このことを受けて、陽性患者を隔離するスペース(レッド・ゾーン)を4階西側奥の一画に限定し、2階のレッド・ゾーンを廃止。2階に立ち入る際の防護服着用の義務化を撤廃しました。
今日、1月4日(月)、年末に陰性結果が出た方々も含めて、再度PCR検査を実施します。結果によっては緊急時体制をさらに緩和することも想定しています。
1月6日(水)からは、通所リハビリ(デイケア)を再開します。感染防止対策を強化し、職員も心を新たにして、皆さまのご利用をお待ち申し上げます。
ST(言語聴覚士)が新しく加わり、お一人お一人の状態に応じた、より充実したリハビリがおこなえるようになりました。生まれ変わった豊寿苑にご期待ください。
令和3年1月4日
GM塚原立志

2021.01.04 |

通所リハビリ(デイケア)再開について(訂正)

各位

12月24日付で皆さまにお送りした書面『通所リハビリ(デイケア)再開について(お知らせ)』で、再開日の曜日が(木)と誤って表記されていました。正しくは1月6日(水)です。

申しわけありませんでした。以下、訂正文です。

————————————————————————————–

拝啓 年末の候、ご清栄のことと存じ上げます。

日頃は当施設の活動に対してご支援とご理解を賜り厚くお礼申し上げます。

 

さて、既報の通り、当施設の入所専任の看護職員の新型コロナウイルス感染したのをきっかけに入所者に感染が拡大したことから、12月9日(水)以降、通所リハビリテーション(デイケア)を休止していました。

その後の経緯については、当施設のホームページでご確認ください。

http://www.soujukai.or.jp

 

それから2週間以上経過して新たな感染者も出ていないことから、感染が収束に向かっていると判断し,来年1月6日(水)から通所リハビリテーション(デイケア)を再開することにしました。

再開に当たっては、安心してご利用いただけるように飛沫防止パーティションの増設、ソーシャル・ディスタンスの確保、アルコールによる清拭の徹底など、衛生管理の強化を図ります。

 

この間、ご利用者ならびに関係諸機関の皆さまに対して、多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

なお、事情により6日の再開がどうしても難しいと判断された場合は、早急にご連絡申し上げます。

スタッフ一同、身を引き締めて対応に当たらせていただきますので、何卒、よろしくお願い申し上げます。

敬具

2020.12.28 |

新型コロナウイルスの感染状況について(続報5)

これまでの経緯

12月10日(木)、当施設の看護職員の新型コロナウイルス感染が判明しました。

保健所が本人への行動歴等を調査した結果、当施設の入所者(通所利用者も含む)および介護従事者は濃厚接触者に当たらないとの判断でした。

念のため、同日中に、併設医療機関が保健所から委託を受けて「行政検査」として、施設で発熱症状のある方、発症直近に本人と接触があった入所者と医療介護従事者から順に、PCRと抗原の全員検査(入所者90人、職員77人)をおこないました。

12月24日(木)までに、以下の10人に陽性が確認されました。

12月11日(金)午後8時 入所者3人(2階2人、4階1人)
12月12日(土)午後3時 入所者1人(2階)
12月13日(日)午後6時20分〜7時 入所者3人(2階1人、4階2人)
12月16日(水)午前8時30分 入所者2人(2階)
12月21日(月)正午  入所者1人(2階)

21日(月)の入所者はPCR検査では陰性でしたが、その後、発熱があったため抗原検査をしたところ陽性反応が出ました。

3階の入所者、前述の看護職員1人を除く職員は、全員陰性でした。

24日現在、当施設では陽性者6人の方々が一般の生活領域から隔てられた居室で療養され、どなたも状態は安定しています。このうちの4人はPCR検査によって初めて陽性が判明した方々で元々無症状でした。

3階全域と、一部感染者区画を除く4階については日常生活を取り戻しつつあります。

2階も現在は落ち着いていますが、「マスク着用」「こまめな手洗い」「ソーシャル・ディスタンス」という基本的な感染防止対策を理解し自ら行動規制できない方々が中心であることから、16日に陽性が判明するまで無症状だった方からの新たな感染者が出ないとも限らない状況です。

ご承知の通り、新型コロナウイルスの患者が入院できる病床が逼迫していることから、当施設で感染者が出てもなかなか転院を受け入れてもらえないのが現実です。

そのため、当施設の看護・介護職員が、連日、防護服、マスク、フェイスシールド等を着用して病院に準じた医療的処置や介護業務をおこなっています。当施設が厳戒態勢を敷いて10日余りたって、職員も疲労の色が隠せなくなっています。どうかお汲み取りください。

目下、年内の収束をめざして、25日(金)には専門業者による消毒作業を実施します。

通所リハ(デイケア)は、21年1月6日(水)からの再開を目標に準備中です。

重ね重ね、ご利用者ならびにご家族、関係諸機関に対して多大なご迷惑とご心配をおかけしていますことを心からお詫び申し上げます。

老人保健施設 豊寿苑
GM 塚原 立志

電話(0568)71−8281
HP:http://www.soujukai.or.jp

2020.12.24 |

前の記事 »