双寿会からのお知らせ

地震災害の安全度に自信あり

今年1月1日に起こった「能登半島地震」をきっかけに、豊寿苑にかんする自然災害リスクを検証しました。

住所検索ハザードマップ」よると、今後30年間に震度6以上の地震に見舞われる確率を判断基準にした愛知県の地震危険度ランキングで、小牧市は、69市区町村中、犬山市に次いで68位ともっとも地震に強い地域です。

なかでも豊寿苑は、小牧山を含む「小牧台地」と呼ばれる海抜25メートルほどの平坦な洪積台地上にあります。

濃尾平野の地形

濃尾平野の地形概念図「名古屋北部地域の地質」1984より Kは小牧山

市の西部に広がる沖積平野より一段高く、地盤が固い上、周辺に河川や山がないことから、ハザードマップでの洪水・浸水・土砂災害のリスクはゼロでした。

浸水ハザードマップ

十字が豊寿苑。「ハザードマップポータルサイト」より

浸水凡例

ちなみに令和元年(2019)に新築された小牧市民病院は一段低い沖積平野にあるため、地下水の湧出が止まらず、地下階を断念したとのことです。

地震ハザードマップでは、マグニチュード9・0クラスの「南海トラフ地震」が起きた場合の建物全壊率は1%未満
国内最大級の内陸直下型地震とされる明治24年(1891年)に起きマグニチュード8・0クラスの「濃尾地震」を想定した場合も、建物全壊率1〜3%未満ときわめて低い数値でした。

想定濃尾地震ハザードマップ

「想定濃尾地震の危険度マップ」より 令和3年 小牧市役所 市民生活部 防災危機管理課作成

建物全壊率凡例

当施設から約1km東の、同じく「小牧台地」上にあるイオン小牧店に、首都直下地震で千葉市の本社が被災した場合の本社代替拠点として「イオン小牧危機管理センター」が設置されていることからも、当地がいかに強固な地盤であるかおわかりいただけると思います。

今年度から、自然災害や感染症が発生した場合も、介護サービスを安定的・継続的に提供する必要から介護施設におけるBCP(業務継続計画)を策定することが義務化されました。
BCPの必要はいうまでもありませんが、上に述べた地域特性などを勘案せず全国一律の基準を課す国の姿勢には疑問を持たざるを得ません。たとえば、厚労省のひな形にしたがい、BCPでは施設外での避難場所を近隣の小中学校や市民会館にしています。しかし現実には、豊寿苑が損壊するほどの地震ならば、周辺の建物や道路網も壊滅しているはずで避難どころではありません。
監査対策としてのBCP策定も大事ですが、より大切なのは、いかにして利用者の安全を確保するかに焦点を当てた現実的なリアルなシミュレーションです。

今年度から、自然災害や感染症が発生した場合も、介護サービスを安定的・継続的に提供する必要から介護施設におけるBCP(業務継続計画)を策定することが義務化されました。

BCPの必要はいうまでもありませんが、上に述べた地域特性などを勘案せず全国一律の基準を課す国の姿勢には疑問を持たざるを得ません。

たとえば、厚労省のひな形にしたがい、BCPでは施設外での避難場所を近隣の小中学校や市民会館にしています。
しかし現実には、豊寿苑が被災するほどの地震ならば、周辺の建物や道路網も壊滅しているはずで避難どころではありません。

小牧市出身で、災害史に詳しい立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授から以前、こういわれました。

震災が起きた場合、豊寿苑は避難先を考えるより、外部からの避難者の受け入れ先になった場合のことを考えたほうが現実的だと。

そうなったらそうなったで、そのための人員体制、医療・衛生備品、食料などの備蓄はどうすればいいんだと頭を悩ませたものです。

2024.05.10 |

こどもの日。五月晴れ。

こどもの日。五月晴れ。
豊寿苑では、毎年、1階食堂前の和室に五月人形を飾っています。

IMG_9497

IMG_9498

「武者段飾り」

IMG_9501

上段左から「橋弁慶」「牛若丸」「勧進帳(弁慶)」下段左から「飾り馬」「鍾馗(しょうき)」

IMG_9499

後ろ「鍾馗幟」、上段左から「連獅子」「暫(しばらく)」下段左から「暫」「金太郎」

屋外では鯉のぼりを揚げています。
周辺でポールを立てて紐を使って揚げる鯉のぼりが見られるのはうちだけになりました。

IMG_9541

5月の青空によく映える鯉のぼり

 

五月の風にたなびく鯉のぼり

五月の風にたなびく鯉のぼり

 

2024.05.05 | 歳時記

五条川花見ラン31km

令和6年4月6日 (土曜日) 曇り時々晴れ

毎年恒例の「五条川花見ラン」

今年は3年ぶりの介護報酬改定にあたり、昨年度末から多忙をきわめストレス・マックス。
そんなわたしにとって、早朝ランニングは体力維持はもとより、メンタル・バランスを保つために欠かせない習慣である。

スクリーンショット 2024-04-06 18.48.25

3時40分起床。4時43分にわが家をスタート。
小牧山経由で合瀬川沿いを南下。小牧市南西端の藤島までの6kmは胸のライトを点けて走った。

藤島の待合橋から「尾北自然歩道」に入り五条川沿いを北上。岩倉市に入る。

待合橋から見た五条川桜並木

待合橋から見た夜明け前の五条川桜並木

ここから石仏までの約3.5kmが五条川桜並木のハイライトだ。
橋の上に立つと、両岸からしな垂れる満開のソメイヨシノがずっと先まで続いている。

岩倉市の桜並木

手入れが行き届いた岩倉市の桜並木

ただ、夜桜鑑賞のためのライトが設置されていたり、屋台が出ていたりするのはいただけない。
といっても、わたしの場合、まだ薄明のことなので問題ない。

江南市に入ると、道幅が狭くなって、桜の花の咲きっぷりがおとなしくなる。
建物の数も少なくなり、まれに行き交うひとは、花見目当てというより、いつもの散歩といったたたずまい。
ちょうど桜越しに朝日が昇って、柔らかい日ざしが静かな朝の情景をもたらしていた。

朝日を浴びる江南市の桜並木

朝日を浴びる江南市の桜並木

岩倉市と同じく、大口町も五条川桜並木の整備に力を入れている。

町の中心地に近い花見スポットでは、河川はまっすぐに伸び、左右対称の護岸と桜並木が続く。
取って付けたような赤い橋が架かり、その手前には屋形船が浮かんでいた。
フランス式庭園を思い出した。
この風景、幾何学的で「きれい」だけど「美しい」とはいわない。

IMG_9243

大口町の幾何学的桜並木

むしろ、一面に広がる菜の花畑のほうが、朝日に照らされ美しかった。

菜の花畠に 入日薄れ
見わたす山の端 霞ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて にほひ淡し

朝なのに「朧月夜」の歌詞が浮かんだ。

IMG_9247

おぼろの朝日に照らされる菜の花畑

対照的に、犬山市の桜の枝ぶりはもっとワイルド。
川のところどころに雑草が生い茂っているので、より自然に近い印象を受ける。
さしずめ英国式庭園だ。

IMG_9251

ワイルドな犬山市羽黒の桜並木

こうして五条川桜並木は、小牧市の藤島から犬山の長者町手前まで、約14kmにわたって続く。
このあと、羽黒・楽田・田縣神社・味岡経由で、いつもの広域緑道に入って小牧駅前まで10km。
トータル31km。

五条川からの帰路。春霞が幻想的

五条川からの帰路。春霞が幻想的。禅の水墨画を思い出す

素足にワラーチ(メキシコのサンダル)ばきでの花見ランは初めてだったが、20km以降、徐々に足底が痛くなってきた。
キロ平均5分32秒はすこし飛ばしすぎと反省。

ワラーチで走ると自然がより身近に

ゴール後、豊寿苑の満開桜の前で

8時前に帰宅すると、風呂とストレッチでじっくり筋肉をほぐす。
ようやく家族は動き出した。

2024.04.06 | マラソン

62才、小学生がライバル〜『小牧シティマラソン』2km出走

『大阪マラソン』を前に、10数年ぶりに『小牧シティマラソン』2km出走。

IMG_1203

「62才」のゼッケン付けて素足にワラーチ(サンダル)ばき

スタート会場のパークアリーナまでの片道3kmは走って行きました。

IMG_1211

パークアリーナのドームの下でストレッチ

現地で今日のレースに誘ってくれた豊寿苑介護スタッフと合流。
スタート地点には俊足自慢の小学生がゾロゾロ。

IMG_1221

スタート待機場所で豊寿苑スタッフの磯谷さんとツーショット

「負けてたまるか!」[62才]のゼッケンを付けて、ワラーチ(ゾウリ)ばきで全力疾走しました。

IMG_1213

出走前、アドレナリン全開。背景は小牧山

スタート直後、ウサギみたいにピョンピョン走る小学生の速いこと。
1kmあたりからかれらのペースが落ちてきたので、徐々に追い抜いていき、残り500mで最後の力をふりしぼってゴール!

記録は8分47秒。しんどかった。

IMG_1231

ゴールの瞬間。右端の小学生とつばぜり合いの末、タッチの差で敗北

短距離は初体験で自信ありませんでしたが、ワラーチ履きでキロ4分23秒ペース、後半1kmはだれにも追い抜かれなかったので「よし」としましょう。
勝手にライバル視した小学生たちには「オジさん手ごわし」と思わせることはできたのではないかな? 大人げないでしょ?

ゴール後、笑顔でツーショット。磯谷さんありがとう

ゴール後、笑顔でツーショット。磯谷さんありがとう。念のため、撮影はわが妻です

2024.01.29 | マラソン

職員研修〜認知症サポートのむずかしさを再認識

当施設の作業療法士(OT)竹ノ内真里を講師に、職員研修『認知症の理解と対応』をおこないました。

講師を務めたOTの竹ノ内真里さん

講師を務めたOTの竹ノ内真里さん

専門性の高い医学的な臨床研究ではなく、認知症に起因する当事者の典型的な言動や態度をあげながら、そのような局面において介護スタッフとして、どのようにふるまうのが「よりよい」か、という実践的なテーマでした。

熱心に聞き入るスタッフたち

熱心に聞き入るスタッフたち

“have to” =「べきである」ではなく、“had better” =「よりよい」であるところに、一人ひとりの特性とTPOに応じた認知症サポートの難しさがあると再認識しました。

GM塚原立志 記

2024.01.18 |

前の記事 »